函館市内観光、函館山、金森倉庫、五稜郭、湯の川、トラピストチヌ女子修道院、元町公園などの周辺観光ガイドと、函館空港〜函館北斗〜大沼〜洞爺湖〜登別〜ニセコ〜積丹〜余市〜キロロ〜小樽観光ジャンボタクシー、観光タクシーの観光コースです。
かつては、北海道最大の都市 「函館」、歴史とロマンの街。 見所は、歴史的な建物、各教会をはじめとして、トラピスト、トラピスチヌ修道院、赤レンガでおなじみの金森倉庫群、また、あまりにも有名な「函館山の夜景」、五稜郭などの歴史的遺産、また海に囲まれた土地がら、海の幸が豊富で、充分満喫することができます。そんな函館の町で、海の幸を味わい、湯の川温泉で温泉を楽しみ、素晴らしい夜景を観ながら、きっと 充分に充実した観光をお約束できると思います。 
トラピスチヌ女子修道院
元町公園周辺ガイドです。
トップページへ戻る
厳律シトー会天使の聖母トラピストチヌ修道院
1898年(明治31年)に建築された日本で最初の修道院で、「祈れ、働け」で毎日今でも、約60人あまりの
修道女が暮らしています。入れるのは前庭までで、歴史資料室などはご覧になれます。
五稜郭
1864年に建築された日本最大の西洋式要塞で、蝦夷の地を外国船からの砲撃から守るために建てられました
また、明治元年には、旧幕府軍に占領され、函館戦争の舞台となりました。 桜の時期には、約1600本の桜は見事で
大勢の花見客で賑わいます。
函館の見所(夜景コース)
世界三大夜景のひとつに数えられる函館山からの夜景でしょう!
雪のない時は車でも山頂まで登れますが、冬はロープウェーで登って
山頂レストランで夜景をご覧になられた方がいいでしょう。また元町界隈の
歴史的建造物(ハリストス、カトリック、ヨハネ教会、旧函館区公会堂など)はライトアップされて、とても綺麗ですのでタクシー観光貸切1,5時間
コースなど 周られたらとても便利だと思います。
函館の歴史
函館は、1854年ペリー来航による日米和親条約に調印して、1856年に横浜、長崎とともに開港された
ことで、外国船の入港が多くなり、諸外国の文化が
多数入り込みました。ですから、元町界隈には、領事館や、教会等の歴史的な洋館が建ち並びます。
函館市内観光コース

出発点を函館空港か湯の川温泉と想定して、まずはトラピスチヌ修道院で、前庭散歩や資料室見学、お土産品などご覧になられて、次は大森海岸、故石川啄木さんがよく散歩された海岸です。「土方、啄木記念館」と啄木小公園、啄木記念碑があります。函館山、立待岬をバックにしての写真撮影の人気スポットです。次は、立待岬に向かいまーす、立待岬の途中には、「石川啄木一族の墓」がご覧になれます。立待岬には、「与謝野晶子の碑」が駐車場の下にありますので、ファンの方はぜひとも記念撮影などいかがですか!また岬からは津軽海峡を遠望すると、お天気のいい日には津軽半島と下北半島を見ることができます。
♪「立待岬」など口ずさみながら出発でーす! お次は、「碧血碑」です、函館戦争で犠牲になられた方々を奉っています。はい!今度は、「函館山」でーす。
函館山は、夜景ばかりではなく、昼間に上がるとお天気のいい日には、津軽海峡はもちろん、反対側の羊蹄山(蝦夷富士)までご覧になることができますよ!
まさに、絶景!!(夏場は車で登れますが、冬場はロープウェーのご利用になります) 降りてきましたら今度は、北方漁業開拓者であります「高田屋嘉平像」の前で記念撮影。 はい、お次は ハリストス正教会とカトリック教会とヨハネ教会デース。この一箇所にそれぞれ違う国の教会があるのは、やっぱり函館ですね!
外観も内部もご覧になれます。少しお疲れになられたでしょう!お客様ご指定の場所でお食事などいかがです? あ、私は 用意してありますので、お客様だけで楽しまれてください! 美味しかったですか? さてお次は、函館歴史的建造物を代表する「旧函館区公会堂」です。外観も素晴らしく、内部もご覧になることができます。ちょうどお腹も一杯で「元町公園」で一休みでも。 さぁーそろそろ出発ですよ! 今度は、外人墓地です。いろいろな国のさまざまなお墓をご覧になることができます。今度は「北島三郎記念館」ですが、おもしろいですからファンの方にはお勧め、お次は、お買い物コーナーでーす。金森赤レンガ倉庫群(6棟)やガラス、オルゴールの「明治館」です。のんびりとお買い物をお楽しみくださいね! お次は「函館朝市」ですが、時間的にお昼までですので、先に朝市をご覧になることもできます。ここは、函館駅のすぐ横で、すぐ裏の港には「青函連絡船摩周丸」 ♪ごらん あれが 竜飛岬 ♪などと船内は博物館です。 これから五稜郭へ向かうんですが、途中に「土方歳三最期の碑」があります。 「五稜郭」は、庭内を散歩したり、資料館を見たり、五稜郭タワーに上がる方が多いですね、展望台からは、五稜郭はもちろん、函館市内を360度パノラマでご覧になれます。

以上のコースで、ゆっくり周ると1日、急いで周って半日、後に小樽、札幌、洞爺湖、登別などへは、私のタクシー使ってくださーい!(^−^)
よろしく お願い致します。
観光タクシーの御予約、お問い合わせは、小樽観光個人タクシー山崎まで お願い致します。
           〒047−0151  小樽市朝里3−1−14
                 Eメール eti.007@poem.ocn.ne.jp
                   自宅電話、FAX (0134)52−1831
                 携帯電話   090−2877−1853
トップページへ戻る